水を飲んでいる女性

整形で変わる

昔よりも小顔を求めるケースが多くなっています

これまでの整形では、顎が突き出ていたり、長かったりという輪郭上の修正は、骨を切ったり削ることで対処されてきました。口の中を切開し、顎の骨を削ります。または中間部分を切除し、先端を奥に移動させます。 また小顔ブームの影響で、頬骨の突出が気になるという患者が増えています。頬骨が前にも横にも突き出して、盛りあっているように見える場合です。輪郭の整形では、頬骨自体はもともと厚みがなくあまり削ることができません。日本人の骨格が頬骨が前に出ているようになっているにで、厚みを削るのではなく、横幅を削ります。厚みを薄く削り、横幅を大きく削ります。輪郭の整形は、骨を切ったり削ったりする事自体はむずかしいものではありません。むしろ、全体の調和が重要で、医師の美的センスが問われる手術です。 昔は卵形の輪郭が理想と言われていましたが、現在は顎先がシャープな顔が好まれています。

下顎の整形には歯科の治療が必要な場合があります

歯茎が目立つ場合には、輪郭上、下顎全体を整形することになります。その場合、歯の生えている部分も含めて整形が行われます。また整形と同時に、歯列矯正が行われます。顎の手術では矯正歯科医と連携で行っているクリニックがあります。 日本人的輪郭では顎が引っ込みすぎている場合があります。この場合には顎を出す手術が行われます。シリコンプロテーゼを顎に挿入し、顎を前にだし、横から見た鼻と顎のラインを整えます。口の中を切って挿入するので傷跡は残りません。 小顔ブームが続き、輪郭に対する意識が高くなっています。同時にコンプレックスを感じている人も多くなっています。顔の輪郭の基準は、西洋人の横顔を理想とし、さらにそこから顎のとがったシャープな小顔を求める患者が多くなっています。今後も顔の輪郭整形を受ける人が多くなると見込まれます。